オリックスVIPローンで宝くじを購入するのに利用する?

ギャンプルには「テラ銭」という考え方があります。
参加者が賭けた金の中から胴元(開催する側)が徽収する「参加料」のようなものです。
胴元は賭け金からテラ銭を抜き、その残りを参加者に分配する。
テラ銭の割合(控除率)は、一般的な力ジノのルーレットではヨーロソパ式が約2.
5%でアメリカ式が5%程度です。
日本のギャンブルでは、パチンコが10から15%、競馬や競輪などの公営ギャンブルは25%となっています。
しかし、庶民のささやかな夢であるはずの宝くじでは、必要経費分を含めて売上の55%近くが「胴元」である都道府県などの地方自治体に吸い上げられることになります。
逆に考えると、財政難に苦しむ地方自治体にとってはありがたいしくみと言えます。
庶民は1円でも税金が上がれば敏感に反応して出し渋るのに、宝くじなら「夢を買う」と称して国民一人あたり年間平均約37枚も喜んで買ってくれるからです。
宝くじを買うお金がない場合はオリックスVIPローンの利用ができます。
それにより、年間1兆円を超える売上の約4割は道路や学校、福祉施設の整備といった公共事業に使われています。
オリックスクレジット審査の口コミって?